お金をかけてでも髪の毛を残し、ハゲになるのをふせぎたいという切実な人の願いを逆手にとり「必ず毛が生える」という甘い言葉で売り込まれ、その言葉を信じて長期にわたって1,000万円近い高額の施術代金を払ったケースがあります。

 

しかし、費用をかけた割りには満足のできる効果があらわれず、本人にとっては高額の支出に加え、期待していた効果がえられない精神的な挫折を味わされ、結果として訴訟事件になった例もあるほどです。

 

「必ず生える」という勧誘方法は消費者契約法に触れる「断定的判断の提供」にあたることは明白です。このケースでは最終的に裁判所からの和解勧告が出されています。しかし本来の願いは裁判で勝つことではなく、育毛・発毛であったはずです。

 

このような不幸な結果になる前に、事前に増毛を目指す準備として、多額のお金をかける前に、まずは佐野正弥の「育毛の達人」を研究し、実践されることをお勧めいたします。